ご挨拶

 この度、令和2年度定時総会(53期)におきまして、3期目の会長職を拝命いたしました、株式会社伊藤喜三郎建築研究所の伊藤でございます。

 

 平素は、公益社団法人全国自治体病院協議会をはじめ、株式会社自治体病院共済会の皆様に、温かいご指導とご鞭撻を賜り厚くお礼申し上げます。また、賛助会会員の皆様には、会の運営に際しご理解ご協力をいただき、心より感謝申し上げます。

 

 さて、本年はコロナウィルスの流行により、多くの死者が出ました。また、その影響から活動自粛要請、緊急事態宣言が発出され経済活動に大きな影響があり、未だに終息には至っていません。

 

 協議会の事業も次々と中止になる中、賛助会の活動も大きな影響を受けております。しかしながら、そんな中でも出来ることを探し、協議会の役に立ち、会員会社の皆様にお役に立てる活動を続けたいと思います。

 

今年度の全国自治体学会も中止が決定し、協議会の会員病院の皆様に、広く賛助会を知ってもらうための賛助会のブースも出せなくなりましたが、賛助会はどんな会かを知ってもらい、困ったときに賛助会を活用していただけるよう、新たな機会を作るように努めます。

 

 また、会の事業により多くの会員が参加してもらえるよう、役員の協力を得て新しい試みにも挑戦いたします。会員であることのメリットをより強く感じることが出来るよう、協議会、共済会の皆様の協力を得ながら、交流の場を作っていければと考えています。

 

 会員の皆様には、今まで以上の会の事業へのご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

 最後に、全国自治体病院協議会、自治体病院共済会、そして賛助会会員の皆様のご繁栄を祈念致しまして、53期のスタートにあたっての挨拶とさせていただきます。

 

 

 

 

全国自治体病院協議会・賛助会

第53・54期 会長

株式会社伊藤喜三郎建築研究所

伊藤  誠

 

全国自治体病院協議会からのメッセージ

賛助会ホームページに寄せて

 

 全国自治体病院協議会・賛助会の皆様には、医療機器、設備、設計建築、製薬、資材サービス部門の6部門140の企業からなる組織として、日頃から自治体病院を側面から支えていただきありがとうございます。
 賛助会の目的や活動を広く知っていただくことは、賛助会の事業発展のみならず、全国の自治体病院の経営に対する大変有益な情報となることと存じます。
近年、会員病院の院長任期も短くなっておりますことから、賛助会の目的や活動を知らない先生方も増えて参りました。
今一度、ホームページを通じて賛助会の目的や活動をご理解いただき、全国自治体病院協議会会員と賛助会会員が公正な関係を構築できれば幸いに存じますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

令和2年4月1日

公益社団法人 全国自治体病院協議会

会長 小 熊   豊


このページの先頭へ戻る